GALLERY Y NISHIOGI  ギャラリーY西荻

gynishiogi.exblog.jp
ブログトップ

ムサシが旅立ちました。

ギャラリーの看板犬、ムサシが12月22日朝6:30に旅立ちました。
a0104122_22403416.jpg

2014年の始めに、肥満細胞腫というガンがみつかりました。
いろいろ治療をしましたが、残念ながらムサシにはどれも効きませんでした。
でも、最後までがんばってくれました。
今までかわいがってくださったみなさん、どうもありがとうございました。

東京・西荻窪の貸しギャラリー GALLERY Y NISHIOGI

[PR]
# by gynishiogi | 2014-12-31 22:50 | 店主日記

「デュフィ展」へ行ってきました

a0104122_218301.jpg

渋谷・Bunkamuraザ・ミュージアムで開催されている、
「デュフィ展」へ行ってきました。

どこかで見たことのある絵・・・
それが、ラウル・デュフィの絵であったと、知ることが出来ました。
強い主張があるわけではないのですが、一度見ると映像に残る絵です。

一見、ライトな雰囲気なのですが、
計算された光と配色と構図から、
空気感や音楽を感じるようです。

ドイツでナチスが政権を獲得し、第二次世界大戦へ向かっていた頃に開催された、
1937年秋のパリ万博。

デュフィは、電気館のために、「電気の精」という大作を描く。
暗い時代に、明るい色彩の絵が多くの人の心を魅了し、電気館は大人気となったそうです。

一方、ピカソの描いた「ゲルニカ」のあるスペイン館には人が集まらなかったそうです。
(1937年4月26日 - スペイン内戦中、 ナチス・ドイツ空軍がゲルニカを空襲)

絵の魅力について、深く考えさせられる、エピソードでした。


東京・西荻窪の貸しギャラリー GALLERY Y NISHIOGI

[PR]
# by gynishiogi | 2014-07-22 21:39 | 店主日記

「青春の詩歌/川端康成の四季と死の美学」に行ってきました

a0104122_231144.jpg

日本近代文学館(東京・駒場東大前)で開催されている、
「青春の詩歌/川端康成の四季と死の美学」に行ってきました。

青春について・愛について、作家達がどのように向き合ってきたのか、
自筆の作品が展示されています。

川端康成は、「雪国」「眠れる美女」「古都」についての展示。
自筆の原稿や当時の写真、解説などが充実。
「眠れる美女」に俄然興味を持ちました。
a0104122_2326194.jpg


展示を見終わったら、喫茶室 BUNDANへ。
カフェで出されるものは、作家やその作品にまつわるネーミングがつけられています。
a0104122_23263461.jpg

午後のアップルパイ。
尾崎翠の代表作 である戯曲「アップルパイの午後」より・・・

a0104122_23345227.jpg

日本近代文学館は侯爵前田利為(としなり)の邸宅が残されている、駒場公園内にあります。
深い緑の中に、静かにレトロな洋館がたたずんでいます。

東京・西荻窪の貸しギャラリー GALLERY Y NISHIOGI

[PR]
# by gynishiogi | 2014-06-07 23:42 | 店主日記

太宰治ゆかりの場所への文学散歩に参加してきました。

みたか観光ガイド協会による、
三鷹駅周辺の太宰治ゆかりの場所への文学散歩に参加してきました。
毎月第四日曜日に開催しているとのこと。
参加費は無料!!です。
詳細はコチラ

3月23日は、2014年の1回目だそうです。
集まった人たちは少人数の班に分かれて、
かぶらないようにそれぞれルートを変えてまわっていきます。

この文学散歩は15年以上も開催されているとのこと。
ボランティアの皆さんの説明も立て板に水のごとく!
どんな質問にも答えてくださいました。

a0104122_1823888.jpg

太宰が入水した玉川上水。

太宰は昭和14年9月より家族とともに三鷹に移り住み、
疎開期間を除いて約7年半を過ごし、38歳で亡くなっています。

残念ながら、今は「碑」のみしか残っていません。
ボランティアさんのお話を聞きながら、
太宰がこの地でどんなふうに暮らしていたのか、
地元の人ならではのお話を聞くことが出来きました。

この道も、太宰が、だらしなく着物をきて、
酒に酔いながら、ふらふら、歩いていたのかしら・・・

a0104122_18131910.jpg

参加者は山本有三記念館にも無料で入れました!
ここは、山本有三が昭和初期に家族と暮らした英国風の洋館で、とてもステキ。
お庭も広いです。

終了したのは13:00頃。
みっちりと散策できました。

a0104122_18163686.jpg

ランチは、吉祥寺のクルン・サイアム
タイ人のコックさんがいて、タイ語が飛び交います。

東京・西荻窪の貸しギャラリー GALLERY Y NISHIOGI

[PR]
# by gynishiogi | 2014-03-25 18:20 | 店主日記

「板谷波山の夢見たもの」へ行ってきました

a0104122_21311037.jpg

出光美術館(東京・丸の内)で開催されている、
「没後 50年・大回顧 板谷波山の夢みたものー〈至福〉の近代日本陶芸」に行ってきました。

文様を浮彫する〈薄肉彫(うすにくぼり)〉という、
波山の代表的な技法があり、
とても美しい・・・陶器の数々でした!!
色使いや濃淡など、東洋的な雰囲気を強く感じました。
個人的には、天目茶碗が印象に残りました。

a0104122_2233071.jpg

出光美術館からの眺望。桜田門が見えます。

a0104122_224073.jpg

茶室もありました。


都会に出たので、ちょっとシャレオツなショップへ。
パティスリー・サダハル・アオキ・パリ

a0104122_2244888.jpg

宝石のようにキラキラしているスイーツたちの中から、
チョコレートとチーズケーキを選びました。

a0104122_2263838.jpg
a0104122_2265333.jpg

ぺろりと食べてしまった!!


東京・西荻窪の貸しギャラリー GALLERY Y NISHIOGI

[PR]
# by gynishiogi | 2014-03-22 22:11 | 店主日記